まいにちたのしく

手芸や器など毎日をたのしくさせるものを紹介しています

ブルーベリー狩りと覚満淵

こんにちは~
はなごんです 

日曜日に亡き友達の息子夫婦と彼の店でバイトしていた20代の女の子と妹さん2人と6人で 赤城山にブルーベリー狩りへ行って来ました

ブルーベリー狩り




今年は、いつもより10日ほど早く行ったので農園の入り口でブルーベリーを摘みました
例年7月初めに行くと もう入り口の畑は収穫が終わっていて上の方の畑で摘んでいたので初めての場所でした
入場料は、300円で食べ放題!!
食べながら1時間超カゴ2個いっぱい摘んで 4キロほどになりました
途中みんなと別れて電車で帰るので クール便で宅配をお願いしました

覚満淵

その後、妹さんに案内をしてもらい山頂の方まで足を延ばして覚満淵に行きました
途中白樺林などブルーベリー狩りの農園より温度が8℃ほど低く、とても涼しい風と森林浴を浴びながら散策してきました





たくさんの人が涼を楽しんでいました
覚満淵ではセミが鳴いているので 
「梅雨があけたんじゃない」
と話をしてたのですが 夕方のニュースで気象庁の梅雨明け宣言があり 早さにビックリでした
www.maebashi-cvb.com
翌日、4キロのブルーベリーが届きました


3キロは、冷凍にしました


家のブルーベリーと比べてみました
粒の大きさがこんなに違います

農場は、鶏糞なのか肥料の臭いがしていたので土が肥えているのでしょうね
特に家のは、昨年の大規模修繕の仮置き場での手入れが出来ず土が痩せているのでしょう
例年、朝取れのトウモロコシを買っていましたが今年は先日の雹被害で販売がありませんでした
トウモロコシ畑を見なかったので 被害がひどくて刈り取ってしまったのでしょうか
帰りのサービスエリアで売っていたので買いました
やはり、販売されているのも雹の被害のものでした

何度となくブルーベリー狩りに連れって行ってもらいましたが、友達が逝ってしまったので赤城山までは行くことないかもと思っていました
www.mainichitanoshiku.net
みんなのおかげで今年も行くことが出来ました
これも友達が亡くなる寸前まで願っていたことだったので
「きっと一緒に来て食べてるよね」
とみんなで言いながら摘んだブルーベリーを 写真にお供えしました

© 2017-2020 まいにちたのしく